コンテンツへスキップ

脱毛のジャンル?方法の種類について

脱毛は女性なら誰しもがやっているものですがジャンルが色々ありますよね。みなさんはどれをやっているんでしょうか。
脱毛といっても、自宅で脱毛器で処理をする人、毛抜きでコツコツ、永久脱毛エステに通った人など、色々あります。

ちなみに家庭用脱毛器だとケノンという脱毛器が一番人気のようですね。
ケノンの効果について口うるさいおばさんが真面目に調査!口コミおばさんリサーチ!

手っ取り早いのがカミソリでそったり、シェーバーを使うものですがこれには痛みを伴ったり、肌を痛めたりというリスクがあります。

もちろん脱毛でも肌を痛めたり、抜く際に痛みを伴うことがあります。

剃刀

そんな中、脱毛クリームはどうでしょう。クリームを塗って、しばらくおいて、クリームを除去すると、毛が抜けているじゃあないですか。これには痛みを伴いません。

まあ、敏感肌の人には、刺激が強すぎたり、においがきつかったり、ということもあるようですが、敏感肌用というものも出ていたりと安心して使えるものも出てきています。
デメリットは時間がかかることくらいでしょうか。でもどれをしても、手間かかるんですよね。

毛って必要ないところにもどうして生えてくるんでしょう。いらないところは生えなければいいのにね。

顔の脱毛

年齢とともにひげの部分の産毛くらいの長さのムダ毛が濃くなっていく。

女性の中にもある男性ホルモンが増えるのが原因とされている。やっぱり女子力を上げないといけないのだろうか。

でも、処理してもいつの間にか伸びてきていて、剃っても剃っても残っていることがある。

この前カミソリで処理して万全の体制で出かけたのだが、ふとした時に鏡を覗いたら、まだ剃り残しがあって愕然とした。ぱっと見では全然分からない。

でもよく見れば、分かるのだ。光の加減では分かってしまうのではないかとヒヤヒヤした。

ヒゲの部分にムダ毛があればファンデーションをぬっても顔の色が違ってくる。

でも、女性にひげがあるということは誰も言いたくないですよねぇ。普段からちゃんと処理しとかなくちゃいけないけれど、やっぱり剃り残しはあるんだね。

たまに女性の顔を見ていて残っている人を見かける。一度気になるとダメですね。どうしても見てしまいます。

自分がそうならないように気をつけないといけませんね。

やっぱり常に生えてこないようにするとか、薄くするための努力が必要ですよね。なので私は脱毛エステにいこうかなと思っています。

ケノンを買って自分で脱毛するというのも手かもしれませんけど、やったことがないので不安でして。ヒゲの部分は鼻下と言って、脱毛する場所としては普通にニーズの高い場所みたい。

う~ん。もしかしたら同年代で全然口ひげがわからないあの人は、脱毛エステで脱毛済だったりするのかもなんて思ったりする。

まずは、女子会で何かと名前の挙がる銀座カラーの体験にでも行ってみるとしようか。銀座カラーは安いという話を聞いたことがありますし、まずは初回のキャンペーンで様子見してみると良さそうですよね。